第26回 耐寒スタンプテーリング

開催日 2014年02月11日

毎年2月11日恒例の、ふれあい高取山耐寒スタンプテーリングが開催されました。(画像01a) (画像01b)
神戸市長田区主催の冬の祭典で約1,000人の市民が参加し、新長田駅西側の鉄人広場から高取山頂の高取神社を経て、長田区役所に至る全長約6.5kmの山歩きを楽しみました。

8ヶ所のスタンプ拠点、①鉄人広場→②シューズプラザ→③蓮池小学校前→④高取山地域福祉センター→⑤高取神社→⑥高取山丸山登山口→⑦長田神社→⑧長田区役所(ゴール)でスタンプをもらいながら、子供連れやご年配の方々まで、皆さん元気に歩かれていました。

01a スタンプテーリング案内 01b スタンプテーリング案内
( 01a スタンプテーリング案内 ) ( 01b スタンプテーリング案内 )

神戸ツキワ登山会の会員も、多くの方が9時までに鉄人広場に集合しました。
出発前には、主催者から注意事項等の説明がありました。(写真02a参照)

赤いジャケットを着けた高取山筋登山連合会のボランティアが約50人のグループにつき一人随伴者として同行し、9時から9時半にかけて、鉄人広場を順次出発しました。(写真02b)

02a 鉄人広場に集合 02b 鉄人広場を出発
( 02a 鉄人広場に集合 ) ( 02b 鉄人広場を出発 )

鉄人広場の次のチェックポイントは新長田駅北側のシューズプラザで、こちらで2個目のスタンプを押してもらいます。(写真03a) (写真03b)

03a シューズプラザヘ向かう 03b シューズプラザでスタンプ
( 03a シューズプラザヘ向かう ) ( 03b プラザでスタンプゲット )

シューズプラザからせせらぎ通りを東へ進み、長田郵便局で北へ向きを変えると、蓮池小学校の北側に目指す高取山が遠くに見えてきます。(写真04a)

蓮池小学校前のチェックポイントで、3個目のスタンプを押してもらいます。(写真04b)

04a 蓮池小学校へ向かう 04b 蓮池小学校前でスタンプ
( 04a 蓮池小学校へ向かう ) ( 04b 蓮池小前でスタンプ )

蓮池小学校から北へ進んで神戸常盤大学の前を通り、UR都市機構グリーンヒルズ鷹取の前を通過すると、高取台ハイツの北側に高取山が間近に見えます。(写真05a)
県道21号山麓線のバス道を渡ると、右斜め向かい側に高取山地域福祉センターがあり、そこで4個目のスタンプを押してもらいます。(写真05b)

05a 高取山のふもとへ向かう 05b 中の茶屋へ向かう
( 05a 高取山のふもとへ進む ) ( 05b 地域福祉センター )

高取山地域福祉センターの手前から階段を登って行くと、高取神社登拝口に向かう坂道になります。
その坂道の途中の東側の高取台中学校を見下ろすフェンス越しに、土手の下からちょうど目の高さまで伸びてきた梅の木があり、ちらほらと花を咲かせつつありました。(写真06a) (写真06b)

06a 咲き始めた梅 06b 咲き始めた梅
( 06a 咲き始めた梅 ) ( 06b 咲き始めた梅 )

高取神社登拝口を通って清水茶屋前の階段を登り、途中の休憩所で防寒用の上着を脱いでから、さらに階段を登って中の茶屋を通過し、その先の安井茶屋の向こうの階段を登って行くと、海側の展望が開けてきます。(写真07a)

その少し上の見晴台からは、東南の方向に神戸空港方面を眺めることができ、北東の方向には菊水山方面を眺めることができます。(写真07b)

07a 高取山を登る 07b 高取山からの眺め
( 07a 高取山を登る ) ( 07b 高取山からの眺め )

見晴台の上の月見茶屋の隣に神戸ツキワ登山会の記帳所があり、そこで記帳を済ませてから折り返し地点の高取神社へ向かいます。(写真08a)

急傾斜の長い階段を登って、10時10分頃に高取神社に着きました。鉄人広場を出発してから約1時間10分ちょっとです。
高取神社境内で、5個目のスタンプゲットです。(写真08b)

08a 高取神社へ向かう 08b 高取神社でスタンプ
( 08a 高取神社へ向かう ) ( 08b 高取神社でスタンプ )

高取神社から月見茶屋経由で安井茶屋まで折り返し、トイレ休憩してから分岐を東の方に進路を変えます。(写真09a)

分岐からは、高取山丸山登山口に向かって、六甲全山縦走路を下って行きます。(写真09b)

09a 安井茶屋からの分岐 09b 六甲縦走路を下る
( 09a 安井茶屋からの分岐 ) ( 09b 六甲縦走路を下る )

10時50分頃に、丸山登山口に着きました。(写真10a)
高取神社からは、40分ほどです。ここで、六つ目のスタンプゲットです。(写真10b)

10a 高取山丸山登山口 10b 六つ目のスタンプ
( 10a 高取山丸山登山口 ) ( 10b 六つ目のスタンプ )

丸山登山口からは鷹取橋を渡ってバス道に出て、苅藻川沿いを南に進んで山麓線との交差点を通り過ぎ、長田神社に向かいます。
丸山登山口から長田神社までは、約30分弱で到着します。小学生の子供たちも、元気に歩いています。(写真11a)

長田神社で七つ目のスタンプをゲットし、神社南の八雲橋を渡って、いよいよゴールの長田区役所へ向かいます。(写真11b)

11a 長田神社に到着 11b 八雲橋を渡る
( 11a 長田神社に到着 ) ( 11b 八雲橋を渡る )

老若男女、たくさんの方々と一緒に、長田区役所前の横断歩道を渡ります。(写真12a)

『 ふれあい高取山 耐寒スタンプテーリング 』 と書かれた幟を横目に、区役所の西側からゴールに進みます。(写真12b)

12a 長田区役所へ向かう 12b まもなくゴール
( 12a 長田区役所へ向かう ) ( 12b まもなくゴール )

11時半過ぎに、ゴールに到着しました。スタートの鉄人広場を出発してから、約2時間半です。ここで全八個のスタンプの確認後、参加記念のバッヂとタオルを受け取ります。(写真13a)

そして、区役所東側の広場で、お楽しみの ぜんざい をいただきます。(写真13b)

13a ゴールに到着  13b 砂防えん堤建設告知板
( 13a ゴールに到着 ) ( 13b ぜんざいを いただく )

まだ 参加されたことがない方は、来年から是非参加してみては いかがでしょうか?
神戸市長田区のシンボルの 高取山を より身近に感じることができると思います。
 
 


第13回 寒餅つき大会

開催日 2014年02月09日

神戸ツキワ登山会の冬季恒例の寒餅つき大会が、2月9日に開催されました。(写真01a)
場所は、高取山の一番上の茶店の月見茶屋の、南側にある広場です。

前日の準備の時は雪模様でしたが、当日は天気に恵まれ、釜やセイロなどを滞りなく段取りして餅つき大会に臨むことができました。

釜は、お湯を沸かす釜が一つと、餅を蒸すセイロ用の釜が三つです。(写真01b)

 01a 餅つき大会案内  01b 釜とセイロ
( 01a 餅つき大会案内 ) ( 01b 釜とセイロ )

屋外なので、燃料には薪を使います。(写真02a)
薪は最初の火付けが難しいので、燃えやすい小枝や細い薪から燃やし、順次太目の薪に火が燃え移るようにします。(写真02b)

 02a 燃料の薪  02b セイロで餅米を蒸す
( 02a 燃料の薪 ) ( 02b セイロで餅米を蒸す )

お湯を入れて温めて洗い流した石臼に、蒸し上がった餅米を移します。(写真03a)
お湯で湿らせた杵で、体重を掛けて餅米をつぶして、こねます。(写真03b)
餅をこねる時には、餅を締めてコシを出すために、塩を少々振ります。

 03a 蒸し上がった餅米  03b 杵でこねる
( 03a 蒸し上がった餅米 ) ( 03b 杵でこねる )

餅米をつぶして充分こねたら、いよいよ餅つき本番です。
今年の新年ハイクで入会した若手の新人会員も、杵を振り上げて餅をつきます。(写真04a) (写真04b)

 04a 新入会の若手も杵を振り上げ  04b 餅をつく
( 04a 新入会の若手も ) ( 04b 餅をつく )

今年の一月末に入会したアメリカ人の女性会員も、初体験ながら見よう見真似で杵を振り上げて、上手に餅をつきます。(写真05a) (写真05b)

 05a 新入会の外国人も杵を振り上げ  05b 餅をつく
( 05a 最近入会のアメリカ人も ) ( 05b 餅をつく )

つき上がったお餅を丸めるのは、女性陣の役目です。
調理用の手袋をつけて、手際よくお餅を丸めていきます。(写真06a)

丸めたお餅を並べて、うちわでパタパタ扇いで、さまして出来上がりです。(写真06b)
今年は、餅米80kg、約40臼、約1,000個のお餅を作りました。

 06a 女性人で餅を丸め  06b さまして できあがり
( 06a 女性陣で餅を丸め ) ( 06b さまして できあがり )


カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。