H25年 月見茶屋周辺に花を定植

掲載日 2013年07月01日

神戸ツキワ登山会の文化部では、登山会の本拠がある高取山の月見茶屋周辺に季節の代表的な花を春、秋2回定植しています。

今回は、春に種を蒔いた苗の 定植の様子を写真で紹介します。

写真01aは、 月見茶屋の前のベンチの背に並んだ 定植前の花鉢です。
今回定植するのは、インパチェンスとサルビアです。(写真01b)

01a 月見茶屋前の花鉢 01b 新規に定植する花の苗
( 01a 月見茶屋前の花鉢 ) ( 01b 新規に定植する花の苗 )

インパチェンスもサルビアも4月に種を蒔いて、発芽して本葉が3~4枚になった頃に ピンセットでビニール製ポットに移植しています。
ビニール製ポットで十分育ち 既に花を付けているのもあります。(写真02a) (写真02b)

02a インパチェンスの苗 02b サルビアの苗
( 02a インパチェンスの苗 ) ( 02b サルビアの苗 )

定植に使うAgro花と野菜の土は、アク抜きされた最上級のココファイバーに、数種類の土壌改良材をバランス良く配合した、花と野菜用の培養土です。(写真03a)
赤玉土は、肥料分は含まれていませんが、通気性、保水性、保肥性に富んでいます。 (写真03b)

03a 花と野菜の土 03b 腐葉土と赤玉土
( 03a 花と野菜の土 ) ( 03b 腐葉土と赤玉土 )

赤玉土が崩れて粉末状になったものは、水を含むと粘土状になって通気性や排水性が悪くなるので、フルイにかけて抜きます。(写真04a)

マグァンプは緩効性の肥料で、土に混ぜ込むだけで3~4ヶ月の効果があります。包装には、約1年間の効きめ と書いてあります。(写真04b)

04a 赤玉土を篩いにかける 04b 土に混ぜる肥料
( 04a 赤玉土を篩いにかける ) ( 04b 土に混ぜる肥料 )

定植用土は、腐葉土4:赤玉土6(中粒)の割合にして、それにマグァンプを混ぜ合わせます。(写真05a)
今回は、前回の定植の鉢の残土も再利用するため、一緒に混ぜ合せます。(写真05b)

05a 混合前の培養土 05b小屋を通過
( 05a 混合前の培養土 ) ( 05b 混合後の培養土 )

定植用の鉢に混合後の培養土を盛るには、竹筒を使います。いつもはプラスチック製の竹筒を使っています。(写真06a)

鉢底に水はけを良くするために鉢底石を入れ、八分目まで培養土を入れます。(写真06b)

06b 鉢に培養土を盛る 06b 鉢に培養土を盛る
( 06a 鉢に土を入れる竹筒 ) ( 06b 鉢に培養土を盛る )

培養土を入れたら、鉢の中央にポットの苗を移すための くぼみを作ります。(写真07a)
それから、ポットの底をつついて苗を出し、鉢に移植します。(写真07b)

07a 定植用のくぼみを作る 07b 鉢のくぼみに苗を移す
( 07a 定植用のくぼみを作る ) ( 07b 鉢のくぼみに苗を移す )

害虫対策のため、オルトランという害虫防除剤を使用します。(写真08a)
オルトランは浸透移行性の害虫防除剤で、アブラムシなどに効果があります。

移し替えが済んだ苗に、上からオルトランをふりかけます。(写真08b)

08a 害虫防除剤 08b 害虫防除剤をふりかける
( 08a 害虫防除剤 ) ( 08b 害虫防除剤をかける )

定植用の鉢ができたら、一つずつベンチの背に掛けていきます。(写真09a)
鉢の間隔を調整しながら、並べていきます。(写真09b)

09a ベンチの背に鉢を吊るす 09b ベンチの背に鉢を並べる
( 09a ベンチに鉢を吊るす ) ( 09b ベンチに鉢を並べる )

鉢のセットが済んだら、たっぷりと水を与えます。(写真10a)
水が行き渡ってない箇所は、補充します。(写真10b)

水は常に与えるのではなく、赤玉土が白く乾いてきてから与えます。
いつも湿っていては、根が十分に張らず、呼吸もできません。

土が乾いてくると水分を求めて根が必死に伸びてくるので、そこにたっぷりの水を与えれば、効率よく水分を取り込むと同時に、多量の水により土の中の空気が入れ替わり、新鮮な酸素が入ってきます。

根が大きく張れば、茎、葉、花も丈夫に育ち、風雨にも強くなります。

10a たっぷり水分補給 10b 不足場所に水分補充
( 10a たっぷり水分補給 ) ( 10b 不足場所に水分補充 )

サルビアは、大き目のプランターにくぼみを作って定植します。(写真11a)
一つのプランターに 3株ほど並びます。(写真11b)

11a サルビアはプンターに 11b 定植後のサルビア
( 11a サルビアはプンターに ) ( 11b 定植後のサルビア )

前回定植したサルビアは、しっかり大きく育っています。(写真12a)
サルビアは、神戸ツキワ登山会の地元 神戸市長田区の花 でもあります。(写真12b)

12a 前回定植から育ったサルビア 12b 長田区の花 サルビア
( 12a 前回定植後のサルビア ) ( 12b 長田区の花 サルビア )


カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。