月例登山紹介


4月の月例登山 王子が岳

登山日 2012年04月01日

4月の月例登山は 岡山県倉敷市と玉野市の境にある王子が岳に登りました。
瀬戸内海国立公園になっていて(写真①a)、岡山の自然百選の一つです。

山の上には花崗岩の奇岩群もあり(写真①b) なかなか面白い山ですが、
どちらかというとファミリー向きで 登山と云うよりハイキングの感じです。
 
 王子が丘 案内図  王子が岳の奇岩群
    ( ①a 王子が丘 案内図 )        ( ①b 王子が岳の奇岩群 )

王子が岳の登山口は 写真①aの左側の渋川海岸沿い渋川港側にあります。
今回は小学1年生もファミリーで特別参加し、総勢32名+1名で登りました。
 
 王子が丘 登山口  登山口から登り始める
    ( ②a 王子が丘 登山口 )       ( ②b 登山口から登り始める )

 
登山道には所どころに案内標識があり(写真③a) しばらく登り始めると
背後に渋川海岸と おむすびの形をした大槌島が見えてきます(写真③b)。

 登山道の標識  おむすび形の大槌島を背に登る
     ( ③a 登山道の標識 )     ( ③b おむすび形の大槌島を背に登る )

この山は20年近く前に山林火災があり 大きな木がほとんどありません。
ファィヤーエコシステム(山火事生態系)といって 小さな木々の間から
ワラビがたくさん採れるようになっています。(写真④a)

ワラビ取りの時期なので 会員の方も脇道ばっかりして ワラビ採りに夢中。
そもそもこの時期に この山が選ばれたのは ワラビ採りも目的の一つです。
用意した袋にワラビを採り入れて ご満悦でした(写真④b)。

 登山途中のわらび  採れたての わらび
   ( ④a 登山途中のわらび )       ( ④b 採れたての わらび )

この山は自生のコノバミツバツツジが群生しており ちょうど大きく蕾が
ふくらんでいて 満開の時期を迎えようとしていました(写真④ab)。 

 登山途中のツツジ  登山途中のツツジ 
   ( ⑤a 登山途中のツツジ )       ( ⑤b 登山途中のツツジ )

 
頂上近くまで登ってくると 海側にいかにも落ちそうな巨石群が見えてきます
(写真⑥a)。 人の頭の形をした ニコニコ岩も見えます(写真⑥b)。
 落ちそうな巨石群  ニコニコ岩
   ( ⑥a 落ちそうな巨石群 )          ( ⑥b ニコニコ岩 )

山頂近くに展望レストランがありますが(写真⑦a)、この日は営業していません
でした。もちろん会員は全員弁当持参ですので、通り過ぎて頂上を目指します。
展望レストランから頂上は、なだらかな階段を上がってすぐです(写真⑦b)。

 山頂近くの展望レストラン  王子が岳山頂
 ( ⑦a 山頂近くの展望レストラン )     ( ⑦b 王子が岳山頂 )

王子が岳の頂上には大きな障害物がなく パラグライダーの離陸場所になって
います(写真⑧a)。 山頂からは、遠くに瀬戸大橋も見渡せます(写真⑧b)。
パラグライダーに最適地だけあって、さすがに風が強かったので、昼食は頂上
からちょっと下りたベンチのある所で摂りました。

 パラグライダー離陸場所  王子が岳山頂
  ( ⑧a パラグライダー離陸場所 )     ( ⑧b 王子が岳山頂 )

頂上から東側には 児島市街方面が見渡せます(写真⑨a)。 
下山道(写真⑨b)は海に向かって下りるコースで、所どころで瀬戸内海や
瀬戸大橋が見通せます。

 児島市街方面  下山道
    ( ⑨a 児島市街方面 )          ( ⑨b 下山道 )

写真⑩aは下山途中に見える讃岐富士と瀬戸大橋、写真⑩bは下山後の海岸
から見える讃岐富士と瀬戸大橋です。
写真をクリックして拡大しないと ちょっと分かりにくいかも知れません。 

 下山途中に見える瀬戸大橋  下山後に見える瀬戸大橋
 ( ⑩a 下山途中に見える瀬戸大橋 )   ( ⑩b 下山後に見える瀬戸大橋 )


コメントは受け付けていません。