9月例会 鶏冠山

実施日 2017年9月3日

<コース概要>
登山口8:50 → 10:00鶏冠山 → 11:15天狗岩12:00 → 12:25白石峰 → 12:30茶沸観音 → 13:00狛坂磨崖仏 → 13:20出合→ 14:00逆さ観音 → 14:15オランダ堰堤 → 14:25駐車場

<コース紹介>
平成29年9月の例会は、滋賀県の琵琶湖の南に位置し、近江湖南アルプスの一端の金勝(こんぜ)アルプスに行ってきました。

鶏冠山は、金勝アルプス北峰縦走線の北側に位置しています。(写真01a)
鶏冠山の呼称は『けいかんざん』とも紹介されていますが、当会では『とさかやま』と称しています。

今回は女性9名、男性8名の計17名が参加しました。

全体で5時間コースの内の最初の1時間の鶏冠山々頂までの登りがきついので、登山開始前に入念に柔軟体操を行います。(写真01b)

【 下のそれぞれの写真は クリックすると2段階拡大表示されます 】

01a 鶏冠山ルートマップ 01b 登山前の柔軟体操
( 01a 鶏冠山ルートマップ ) ( 01b 登山前の柔軟体操 )

落ヶ滝に向かう落ヶ滝線のコースを登りはじめ、『 たまみずきの道 』 が通っている所に向かいます。(写真02a)
『 たまみずきの道 』というのは、車椅子が通れる管理歩道です。

『 たまみずきの道 』を通過するまでは、奥池に注ぐ沢の流れを左に渡ったり、右に渡ったりして進みます。(写真02b)

02a 登山道を登り始める 02b 沢を渡る
( 02a 登山道を登り始める ) ( 02b 沢を渡る )

登山口から20分ほど登ると、落ヶ滝線から西側の北谷林道への分岐を示す標識があります。(写真03a)
鶏冠山を西側から登るため、北谷林道から北峰縦走線へ接続する分岐へ進路を変えます。(写真03b)

03a 北谷線への分岐標識 03b 北峰縦走線に向かう
( 03a 北谷線への分岐標識 ) ( 03b 北峰縦走線に向かう )

登山口から1時間ほどで、K-3という山中の位置を示すコールポイントに到着しました。(写真04a)
K-3のポイントには子鶏冠山の表示があり、そこからは北の方角にJRA栗東トレーニングセンターの調教馬場と、その向こうに近江富士と呼ばれている三上山(みかみやま) が見えます。(写真04b)

04a K-3ポイントの標識 04b 近江富士と調教馬場
( 04a K-3ポイントの標識 ) ( 04b 近江富士と調教馬場 )

K-3のポイントから鶏冠山々頂までは、10分弱です。
山頂には鶏冠山の標高が記載された標識と石積みがありますが、周りは樹木にさえぎられて眺望はほとんどありません。(写真05a) (写真05b)

05a 鶏冠山の山頂標識 05b 鶏冠山の山頂石積み
( 05a 鶏冠山の山頂標識 ) ( 05b 鶏冠山の山頂石積み )

山頂で5分ほど休憩した後、南側のK-5ポイントに向かって急峻な登山道を下ります。(写真06a)

山頂から10分ほどでK-5ポイントを通過し、そこからさらに15分ほど進んで、落ヶ滝線からの登りが北峰縦走線に合流するK-6ポイントへ着きました。(写真06b)

06a 鶏冠山の山頂から下山 06b 落ヶ滝線への分岐
( 06a 鶏冠山の山頂から下山 ) ( 06b 落ヶ滝線への分岐 )

K-7ポイントを通過した辺りから、稜線に岩場が目立つようになり、景観が開けてきます。(写真07a) (写真07b)。

07a 北峰縦走線を進む 07b 天狗岩に向かう
( 07a 北峰縦走線を進む ) ( 07b 天狗岩に向かう )

K-8ポイントの前と後の稜線からは、金勝アルプスの名にふさわしい巨岩群の景観が見えてきます。(写真08a) (写真08b)

08a稜線から巨岩群の眺め 08b稜線から巨岩群の眺め
( 08a 稜線から巨岩群の眺め ) ( 08b稜線から巨岩群の眺め )

稜線のアップダウンを繰り返しながら、乾いた砂で滑りやすくなっいる登山道を天狗岩に向けて登ります。(写真09a)

K-9ポイントを過ぎると、今回の目標峰である天狗岩が眼前に見えてきました。(写真09b)

09a 天狗岩に近づく 09b  眼前に見える天狗岩
( 09a 天狗岩に近づく ) ( 09b 眼前に見える天狗岩 )

天狗岩の手前で、大津市街の遠景を眺めながら、順番に岩場を下りていきます。(写真10a)
岩場の登山道の一部分は、人がやっと通れるほどの狭い通路になっています。(写真10b)

10a 岩場を下りる 10b 岩の間の狭い通路
( 10a 岩場を下りる ) ( 10b 岩の間の狭い通路 )

天狗岩に向かう最後の下りは、あらかじめ用意されているロープを使って、一人ずつ順番に下りて行きます。(写真11a) (写真11b)

11a ロープで下る男性会員 11b 会員外で参加した女性
( 11a ロープで下る男性会員 ) ( 11b 会員外で参加した女性 )

天狗岩の下には、滋賀森林管理署が設置した注意表示板があり、『 自己責任で行動し、決して無理な行動はしない 』 旨が記載されています。(写真12a)

大きな岩場を両手・両足を使って登り、天狗岩の上を目指します。(写真12b)

12a 天狗岩の下に到着 12b 天狗岩に登る
( 12a 天狗岩の下に到着 ) ( 12b 天狗岩に登る )

天狗岩の上は、20人ほどが座れるスペースがあり、参加者全員が登って360°の景観を楽しみました。
左手には琵琶湖方面、右手には近江富士が見渡せます。(写真13a) (写真13b)

13a 琵琶湖方面の眺め 13b 近江富士の眺め
( 13a 琵琶湖方面の眺め ) ( 13b 近江富士の眺め )

天狗岩から下りて、昼食休憩を取った後、茶沸観音(ちゃわかしかんのん)への分岐がある白石峰に向かいます。(写真14a) (写真14b)

14a 天狗岩から下りる 14b 白石峰に向かう
( 14a 天狗岩から下りる ) ( 14b 白石峰に向かう )

天狗岩から5分ほど進んで振り返ると、天狗岩周辺の全貌が見渡せる絶景ポイントがあったので、そこで天狗岩をバックに全員の集合写真を撮りました。(写真15a) (写真15b)

15a 天狗岩を振り返る 15b 天狗岩と周辺の巨岩群
( 15a 天狗岩を振り返る ) ( 15b 天狗岩と周辺の巨岩群 )

白石峰に向かう途中の縦走路にも、巨岩や奇岩が目につきます。(写真16a) (写真16b)

16a 縦走路に立つ巨岩 16b  縦走路に立つ奇岩
( 16a 縦走路に立つ巨岩 ) ( 16b 縦走路に立つ奇岩 )

巨岩の脇を通ったり、巨岩の下をくぐったりして、K12ポイント、K13ポイントを通過していきます。(写真17a) (写真17b)

17a 巨岩の脇を通る 17b 巨岩の下をくぐる
( 17a 巨岩の脇を通る ) ( 17b 巨岩の下をくぐる )

天狗岩から25分ほどで、白石峰に到着しました。(写真18a)
ここの分岐から龍王山方向にある茶沸観音までは片道5分程度なので、リュックを置いて茶沸観音までを往復します。

茶沸観音は、奈良・平安時代のものと思われるほど古い磨崖仏(まがいぶつ)です。(写真18b)
ここで旅人に茶で もてなしたのが、その名の由来のようです。

18a 白石峰の案内表示板 18b 茶沸観音
( 18a 白石峰の案内表示板 ) ( 18b 茶沸観音 )

茶沸観音から白石峰に戻り、龍王山とは反対方向に下山を始めます。
白石峰から10分ほどで、重岩(かさねいわ)の横を通過します。(写真19a)

重岩からさらに15分ほど下って行くと、大きな岩に彫られた磨崖仏に出会います。
しっかりと輪郭の残る磨崖仏としては国内最古級といわれ、国の史跡に指定されている狛坂磨崖仏です。(写真19b)

19a 重岩 ( かさねいわ )  19b 国の史跡の狛坂磨崖仏
( 19a 重岩 ( かさねいわ ) ) ( 19b 国の史跡の狛坂磨崖仏)

狛坂磨崖仏からさらに下って出合の分岐で林道に抜け、新名神高速道路の下のトンネルをくぐって行くと、小川の右手に東屋が見えてきます。
橋の手前に 『 さかさ観音 』 と書かれた矢印表示があり、東屋の向こうに『 逆さ観音 』の説明板があります。(写真20a)

説明板によると、『 逆さ観音 』 は鎌倉時代初期に作られたもので、下流のオランダ堰堤築造時に石材不足から大岩の一端が使われてしまい、後にバランスを崩して逆さになったとのことです。(写真20b)

20a 逆さ観音を見上げる 20b 逆さ観音
( 20a 逆さ観音を見上げる ) ( 20b 逆さ観音 )

逆さ観音から小川沿いに15分ほど下ると、100年以上も前に作られた現役のオランダ堰堤があります。(写真21a)
オランダ堰堤の上には、草津川の起点を示す標柱が立っています。(写真21b)

21a オランダ堰堤の上 21b 草津川起点を示す標柱
( 21a オランダ堰堤の上 ) ( 21b 草津川起点を示す標柱 )

オランダ堰堤は、オランダ人技師のヨハネスゲレーテの指導で作られ、割石積み堰堤では日本最古のものだそうです。
その業績を讃えて堰堤下流には胸像が建てられ、堰堤は現役の土木遺産となっています。(写真22a) (写真22b)

22a オランダ人技師の胸像 22b 土木遺産オランダ堰堤
( 22a オランダ人技師の胸像 ) ( 22b 土木遺産オランダ堰堤 )

金勝アルプスを約5時間かけて時計周りに周回し、奇岩群の絶景や天狗岩からの展望、磨崖仏など変化に富んだコースを楽しむことができました。
天候にも気温にも恵まれ、絶好の登山日和に感謝です。


カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。